ゾピクロンの働き|寝付けないときの薬!安価なアモバン・ジェネリックを選ぼう

寝付けないときの薬!安価なアモバン・ジェネリックを選ぼう

カラフルな錠剤

ゾピクロンの働き

薬にはそれぞれ必ずその働きの中核をなす主成分が含まれていますが、アモバン・ジェネリックの場合、それはゾピクロンと呼ばれる成分です。ゾピクロンは1980年代にフランスの製薬会社が薬として完成させることに成功した成分で、日本でアモバンが販売されたのは1990年代に入ってからのことでした。
そしてこの成分は、アモバンよりも安価に入手できる、病院で睡眠薬を処方してもらうときに選べるアモバン・ジェネリックにも含まれています。

さて、ここではアモバン・ジェネリックの主成分であるゾピクロンの働きについて、ざっと押さえておきましょう。
薬を飲むにあたって、何がどういうふうに効いているのか、やはり気になる人は多いと思います。
アモバン・ジェネリックは、夜寝る直前に飲むべき薬であるとされています。ゾピクロンは、「寝つきを良くする」という効果を持っている成分です。
飲んで横になり、大体30〜60分で効き、自然な眠りに入っていくことができます。30〜60分の間に起こっているのは、脳の機能をサポートするということ。具体的には、「ベンゾジアゼピン受容体」という脳を覚醒状態から睡眠状態へと移行させるときに働く脳の機能をサポートします。入眠障害になってしまっているとき、この受容体の働きが低下し、脳がいつまで経っても覚醒状態のままになってしまう、という状態になっているのです。
このように、入眠障害のメカニズムに合わせた効果を発揮するのがアモバン・ジェネリックのゾピクロンです。
よく効き、安心して使える薬なので、用法用量を守って飲みましょう。